大学受験で何度も失敗している

そして、執着は本能と強く関連しているときに生まれやすい。また、はなから思い通りにならないと思っている対象より、思い通りにいくはずと信じている対象が思い通りにならないときに生まれやすいと思う。
後者に関していえば、大学受験で何度も失敗しているのに同じ大学を受け続けるのも、
執着だろう。恋人になりたくてもなれず、身体だけの関係が続いていて、どうしてもその相手を手に入れたいと思うのも、その相手に対する執着である。その相手がすぐそばにいたり、ときに期待させる行動をとるので、手に入るかもしれないと思っているc強く対象に執着をしているとき、その対象を冷静に判断することが難しくなる。ときには、誰が否定しょうが、助言しょうが、それが耳に入らなくなってしまう。それが恋愛感情に関係している場合、それを「恋愛回路」と僕は呼んでいる。つまり恋愛回路と恋愛における執着は同じ意味と考えていい。
執着とは「対象に対して強い思いがあり、対象を思い通りにできないと生まれる苦しみの感情」なので、通常、多くの女性が言う「愛している」というのは執着である。

おすすめサイト

街コンに行くならレディースパーティー